事業案内(個人向け)

mm4.jpg

個人向け経営塾開催

約定2013年07月16日17時39分44秒000.png

目 的

真に自律して産学官連携を実践できる新たな「産学官連携コーディネータ」を育成する。本経営塾では、企業の退職予定者または退職者など、豊富な実務経験と幅広見識のある方を再度、知的社会貢献の場に誘い、次代を担うコーディネータの輩出を目指す。この人材を以って、これまで大学の場に配置されたコーディネータが果たし得なかった、大学知のストックを日本経済の活性化に活かす戦略的プロデュースの実践を試すこととする。

受講対象者(専門分野:不問)

1. 産学官連携の取り組みに興味のある方
2. 自ら産学官連携コンサルティング事業を考えている方
3. 中高年齢層歓迎

開講期間・時間帯

・3ヶ月間コース(年間4期開催)、1期あたり最大30名迄
・平日18時30分〜21時00分、土曜日(参加者の都合に合わせ週2〜3回実施)

2015年以降、塾としては開講しておりません。
ご関心がある場合は、個別に対応いたします。

[詳細はこちら (過去の塾形態)] 

ポスドク連携支援

ポスト・ドクターと企業との連携促進におけるコーディネート事業

  • 日本経済の活性化を図る上で、再技術立国を目指す為には優秀なポスト・ドクターの活躍が不可欠であります。
  • 企業は自前主義から大学への研究開発環境への依存に際し、優秀なポスト・ドクターの有効活用を図り成果を上げることに大きな期待を寄せております。 
  • 産学連携促進において、大学の研究成果(シーズ)を企業側が受け入れる為には、研究内容を理解できなければなりません。現況では、企業内では人材面でも困難な状況下にあります。この為にも「ポスト・ドクター」の支援を受け入れることは大変重要なことです。
  • 「ポスト・ドクター」に対する良い研究開発環境と安定した生活環境の場を提供することにあります。(現況は大変厳しい生活環境を強いられております)

[詳細はこちら] 


弊社では、ポストドクターならびに受託研究を希望される企業様、ポストドクターを活用したいと考えておられる企業様を募集しております。こちらからご登録ください。

entry_pd.pngentry_co.png

知の継承プロジェクト

定年を迎える有能な研究者(大学OB教員、企業OB研究者)と企業の技術者の共同研究を活性化します。

団塊世代の大量定年と少子化のWパンチで、労働力と後継者(研究者・技術者)不足が顕著になっております。
対策として「改正・高年齢者雇用安定法」により、
 (1) 定年引上げ
 (2) 継続雇用制度の導入
 (3) 定年制の廃止
などの対策が取られましたが、定年延長しても定年は必ず来ます。

企業においては、技術継承の分断、急速な人手不足に伴い、国際競争力の低下が免れません。また、止まらない少子化や理系離れの環境では"人財"を確保するのも容易ではありません。

企業の枠を超えた定年のない独立したプロが必要な時代となりました。

私たち、(株)産学共同システム研究所は 「生涯現役独立宣言」 とする研究者の資源を活性化し、研究者および企業双方がメリットのあるコラボレーションを実現いたします。



その他
上記の事業紹介は一例でございます。弊社は産学官連携のコンサルティング企業として、個々のニーズに柔軟に対応いたします。また、産学連携ヘルプデスク機能を持ち合わせております。

ご相談・ご依頼はもちろん、お悩みがございましたら、些細なことでもお寄せいただければ幸いでございます。

btn_qaform.png